自然素材を用いた家づくりなら大幸住宅可児工房にお任せください。岐阜県可児市を中心に無垢材・漆喰を用いた、自然で体に優しい住まいを提供いたします。

お問い合わせ

お問い合わせ

お客様の声

Voice. #03

岐阜県可児市 N様邸

思い描いていた導線、欲しかった土間や収納も全て叶いました。

思い描いていた導線、欲しかった土間や収納も全て叶いました。 写真

 

Q1.どのようなきっかけで新築を建てることにしたのですか?


元々、この場所に祖母が住んでいて、子供が3歳頃に祖母の家を引き継いで移り住むことになりました。まだ住める家だったので、すぐに建て替えることは考えていませんでした。

 

けれど、祖母の家もあと何年住めるかなという心配はありました。昔の家なので、天井が低くて頭をぶつけるし、床がミシミシ鳴って、カビも根付いていたし、それらを少しずつ直すにもお金がかかる。そう考えると土地もあるし、建て替えることを選択しました。家を建てるならローンを組むのに年齢的なこともあって、それに友人たちも家を建てていたこともきっかけになりました。家族構成も決まって、何度か引っ越しを経験し、導線をどのようにすればいいかなどイメージも持てたし、建てるなら今だというタイミングでした。

 

 

 

 

Q2.大幸住宅可児工房を知ったきっかけはなんでしたか?


一番仲の良い友達が可児工房さんで建てていたので、お邪魔するたびに 「素敵な家だな」 と思っていて、でもまだその時は家を建てるつもりはありませんでした。数年後、近くであった可児工房さんの完成見学会に行って、「やっぱりいいなー」と思い、その後も何度か見学会へ遊びに行くようになりました。

 

 

 

Q3.大幸住宅可児工房で家づくりをしようと思った決め手はなんですか?

 

 

家を建てるか、どこで建てるかは4、5年前から話し合っていました。
可児工房さんのモデルハウスを見に行って、木の雰囲気や玄関もキッチン、どこを見ても素敵で「やっぱり可児工房さんで!」と思いました。
ハウジングセンターや他社のモデルハウスも見に行っていましたが、素敵過ぎて現実味がなく、あまり参考にはなりませんでした。

 

担当してくれた営業の藤田さんの人柄も決め手になりました。とても話しやすかったです。
実は他のメーカーさんでも話を進めていましたが、意見が合わなくて。メーカーさんは注文住宅と違って、ある程度かたちが決まっていて、その中で予算に合うものを作っていく、そんな風に感じられて、私達の考えとは合いませんでした。知人からメーカーさんでの失敗談も聞いていたので・・・。
藤田さんは同年代の女性なので、家事導線やキッチンのことも言わずとしても分かってくれて、女性ならではの視点で提案してくれたのもうれしかったです。我が家は決定権のほとんどが私にあったので、女性同士話が合って良かったのだと思います。

 

 

 

Q4.大幸住宅可児工房からの印象に残る提案は何でしたか?


柱ですかね。最初はもう少し細めの柱を提案してもらいましたが、家の真ん中なので大きい柱にしてほしいとお願いしました。とても気に入っていて、本当は子供の成長を刻む予定でしたがもったいなくてしばらく出来ず、ようやく昨年から刻むようになりました。棚の中は自分で手を加えていますが、見えるところはまだまだ出来ませんね。

 

 

壁紙は最後の方に決めたので少し疲れてきて、ほとんど提案されたままですが、寝室だけ茶色の壁紙に変更しました。他の部屋と雰囲気を変えることが出来て、やってよかったと思っています。最初の提案で子供部屋の一面だけアクセントにすることも上がっていましたが、子供が大きくなった時に嫌がったらと思うと出来ませんでした。でも、いろいろと提案してもらえてよかったです。

 

畳は移動式にしました。
主人は畳はいらないと言っていましたが、私は畳のスペースが欲しかったんです。でも、必要なくなった時リフォームしないといけないし、いろいろ悩んで、移動式にすることを思いつきました。サイズも特注で、組み立て式なので部屋の中で動かすことも出来ます。子供の友達が遊びに来ると畳で遊んでいます。
今の空間が気に入っているので特に移動していませんが、気分によって変えられるのはいいですね。

 

薪ストーブも入れてよかったです。
予定になかったので、最初の設計段階にも入っていませんでした。設計の最終段階で、やはり入れたいと思いお願いしました。
薪ストーブに興味はありましたが、自分たちで維持できるかという不安もあって決断できませんでした。でも、土岐のモデルハウスで宿泊体験した時に薪ストーブがあって、実際に触れてみてすごく気に入ったので、我が家でも取り入れることに決めました。

 

 

 

 

Q5.家づくりで不安だったこと、悩まれたことはありますか?


完成が待ち遠しくて、建設中は毎日のように見に来ていました。頼んだことは全て取り入れてもらえたし、不安や悩みは全くなかったです。その頃、震災があったので耐震についてもしっかり考えてもらいました。

 

 

 

Q6.この家でやってみたいことはありますか?


このままで充分満足しています。気になるところもなく、快適に暮らしています。
もともと、子供部屋を仕切れるように設計してもらっていたので、どうするか考えています。子供たちが巣立った時を考えると壁じゃなくてカーテンにしてもいいな、など。

 

やってみたいこととは少し違うかもしれませんが、最近ようやく壁に時計をつけました。柱に子供の成長を刻むことも昨年から始めましたが、同じように壁にネジで時計をつけることに抵抗がありなかなか出来ませんでした(笑)
ハンモックはプレゼントでいただいて、みんな喜んで乗っています。ビスを用意しましたが止めることがなかなか出来ないです。今のままでも移動させやすいからいいかなと思っています。

 

 

 

 

Q7.住み心地はいかがですか?


もちろん良いです!5年近く経ちますが、全く飽きないです。
最初から間取りも気に入っていたので手を加えたいということもないです。
我が家の間取りはすごく便利で、玄関から土間を通ってキッチンへ通り抜けできます。リビングから洗面所にも回れて、通り道にあるファミリークローゼットにタオルや子供の服、かばんなどはリビングに置いています。だから洗面所は洗面台と洗濯機だけで余分なものは置かなくていいのもすっきりしていて理想的です。友達が来た時はかばんなどの荷物をダイニング横の大きなカウンターに置けるので便利です。

 

 

 

Q8.大幸住宅可児工房の家づくりを検討されている方へ一言、お願いします


自分たちのコンセプトが決まっていたら、全て取り組んでほしいと思います。一度全ての要望を伝えて、かたちにしていくことをおすすめします。
「こうしたい」という強い思いがあれば後悔すると思うので、わがままかもしれませんが悔いのないよう可児工房さんで家づくりを楽しんでもらいたいです。

 

 

可児工房さんは、一緒に悩み考えてくれて、最後の一押しもしてくれます。
キッチンを電気かガスか最後まで悩んでいましたが、藤田さんがひと押ししてくれました。IHの掃除のし易さは知っていましたが、ガスしか使ったことがなかったので悩んでいたら、藤田さんが「私はガス派です!」と言ってくれて決め手になりました(笑)
そういう些細な悩みも全て伝えた方がいいですね。
私たちは思い描いていた通りの導線や欲しかった土間や収納、全て叶えることができました。
可児工房さんありがとうございました。

 

 

 

インタビューを終えて…

 

 

 

築5年になるN家の皆さま。
とてもお料理上手なご夫婦と、お料理のお手伝いが大好きな兄妹。
家族みんなでキッチンに立ちたいからと打ち合わせで話していた通りの暮らしが実現しましたね。
カーポートのぶどうの棚も見事です。
インタビューでは、無理にお願いした薪割りの写真撮影まで 快くご協力いただきました。
ありがとうございました。

家づくりのこと、私たちのこと、
どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください。

tel.0574-60-1161

tel.0574-60-1161

資料請求・お問い合わせ資料請求・お問い合わせ

株式会社大幸住宅可児工房
〒509-0203 岐阜県可児市下恵土3433番地652